Play
Play
清次郎-今月のひと皿
previous arrow
next arrow
Slider

清次郎は
一台のリヤカーから始まりました

清次郎の原点である田清魚店は明治九年に創業しました。
当時の魚屋は、リヤカーで仕入れた魚を売り歩く
引き売と呼ばれる行商でした。

注文にあった魚を探すため市場には誰よりも早く行き
リアカーに魚を積んで
市内を一軒一軒売り歩いていました。

時代は過ぎ、魚屋、お鮨、居酒屋、イタリアンと幅広く事業を展開し
グループ全体で3県28店舗になりました。
創業当時と変わらず、お客様に必要な魚を探すため
グループの仲卸「田清水産」の目利きが
毎朝市場を始め全国各地から仕入れています。

創業者田村清次郎から百余年─

これからも人に喜ばれる魚屋を
目指してまいります。

東北から、全国から買付できる
仲卸「田清水産」の目利き職人。

岩手、青森、宮城で魚を見極め、全国から日々旨い魚を仕入れる─
東北の飲食店である清次郎が東北や全国から旬のものを仕入れる事ができるのは、市場のせりの参加資格をもつ、グループ企業の仲卸「田清水産」の存在があります。

創業者の精神を受け継ぐ仲卸が、市場で目利きをして仕入れる事こそが清次郎の旨さの本質なのです。

東北の旨い、全国の旨い、を清次郎からお届けします。

株式会社田清水産のホームページへ
株式会社田清の会社概要

令和元年、田清グループ内の株式会社田清と株式会社清次郎が合併して新たな田清として道のりを歩み始めました。それぞれの分野で独自のノウハウを築いてきた2社が合併することでより強固な体制となりました。

株式会社田清のホームページへ
清次郎各店・田清魚店の採用情報

地元に根付いてキャリアを形成できます。
社員が働きやすくなる制度を整えているのでいつまでも、長く・やりがいをもって働ける環境です。新しくなった田清で新しいキャリアを築きませんか?

新卒採用 キャリア採用 アルバイト・パート採用
採用情報はこちら
清次郎の利用でau walletポイントもっと貯まる
ページの一番上へ